建設業許可の工事経歴書の書き方

「工事経歴書」は、建設業許可の申請のときだけでなく、毎事業年度の終了時の届出でも提出が必要な書類です。この書類は誰でも閲覧することができますので、工事の規模や工法や技術などが分かるように記入することで、自社の強みをアピー…

続きを読む

登録電気工事業者の登録をしている建設業者が建設業許可を取得した場合に必要な手続き

一定の電気工事を行うには、金額に関係なく電気工事業者としての登録が必要になります。500万円以上の電気工事を請け負う場合は、建設業許可が必要になりますが、持たずに電気工事を営んでいる事業者様も多いと思います。 今回は、電…

続きを読む

実務経験証明書の書き方

建設業許可の取得要件でもある「専任技術者」ですが、対象業種に関係する国家資格を保有していなかったり、登録基幹技能者などではない場合は、「実務経験」があることを証明していくことになります。 実務経験の証明方法についてはこち…

続きを読む

専任技術者を実務経験で証明する方法

建設業許可を取得するためには、いくつかの要件がありますが、「専任技術者がいること」というのも許可要件のひとつです。 対象業種に関係する国家資格などをお持ちであれば、専任技術者としての証明は簡単にできるのですが、そうでない…

続きを読む

新設法人は決算を迎える前に建設業許可を申請するのがオススメ

建設業許可の申請には、様々な書類の作成が求められますので、お忙しい事業者様にとっては、悩みの種ですよね。例えば、個人事業主から法人成りして建設業許可を取得するような場合、決算を迎える前に許可申請を行うことで、一部の書類を…

続きを読む

2020年10月からの建設業許可要件のポイント

2020年10月1日から改正建設業法が施行され、許可要件の一部が変更されました。建設業許可を取得する上で重要なポイントですので、今回は、変更された要件を中心に解説していきます。 建設業許可要件の変更点 従来の建設業許可の…

続きを読む

建設キャリアアップシステムの概要

建設キャリアアップシステムとは 建設キャリアアップシステムとは、技能者の資格、社会保険の加入状況、現場の就業履歴などの情報を登録し蓄積する仕組みです。 この仕組を活用することで、技能者が能力や経験に応じた処遇を受けられる…

続きを読む

建設業許可の取得を考えたらまず確認するポイント

宅建業を営むには宅地建物取引業免許が必要ですが、軽微な建設工事しか請け負わない事業者には、建設業許可は必要ありません。 建設業許可が必要になるのは、基本的には次のような工事を請け負う場合です。 ある程度の年数が経ってくる…

続きを読む

宇都宮市で建設業許可取得をお考えの事業者様へ

弊所は、栃木県宇都宮市にある行政書士事務所で、建設業許可などの許認可を中心に、行政手続きの支援とアドバイスをさせていただいております。 建設業許可の取得でお困りではありませんか? 許可要件を満たしているかわからない 何か…

続きを読む

リフォーム会社が取得すべき建設業許可の業種

「リフォーム会社ならこの業種の許可を持っていればいい」と単純なら良いのですが、そう単純ではありません。よく、リフォーム工事の場合は複数の業種が組み合わさるので、「一式工事」の許可を取れば良いと思っている方がいますが、これ…

続きを読む

許可申請に関するご相談はお電話・メールにて承っております。また、直接のご相談や出張相談をご希望の方も、フォームからご予約が可能です。

  • お問い合わせは24時間承っておりますが、返信に2営業日ほど頂く場合がございます。「近日中に許可が必要になった」などお急ぎの方は、可能ならお電話にてお問合せください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

直接の相談をご希望の方は日時をご選択ください

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

出張相談の場合は相談先(住所や喫茶店名など)

※先約が入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

 

ページトップへ戻る