宅地建物取引士が就職する前に確認しておくこと

不動産会社に初めて就職する方や、別の不動産会社へ転職される方も多いと思います。もし、就職先で宅地建物取引士として活動されるのであれば、入社する前に確認しておいて欲しいことがあります。 就職先でより良いスタートを切るために…

続きを読む

宅地建物取引士証の交付申請手続き(栃木県)

宅建士の試験に合格した方は、「宅地建物取引士試験合格者」であって、まだ「宅地建物取引士」と名乗ることはできません。 「宅地建物取引士」と名乗るためには、「宅地建物取引士証」の交付を受けなければならないのですが、自動車の運…

続きを読む

建設業者が不動産事業を兼業する場合(栃木県)

建設業者様が上記のような事業を行う場合、土地や建物の売買を行うことになりますので、宅地建物取引業免許(宅建業免許)が必要になります。 建設業者が宅建業免許を取得するメリット 建設業許可と宅建業免許の両方を取得していると、…

続きを読む

自宅で不動産業を開業する場合の注意点

不動産業を始める場合、まずは自宅で開業をされる方も少なくありません。アクセスの良い場所に事務所を構えるのもいいですが、それなりの家賃が発生してしまいますよね。開業するには、協会への入会金や弁済業務保証金分担金など最低でも…

続きを読む

不動産会社の本店移転(栃木県内)

栃木県内で不動産会社様の本店を移転する場合、栃木県と保証協会に、事務所移転の届出と免許証の書換え交付申請書等を提出します。 ※知事免許のままで、他の都道府県の不動産会社様が栃木県に本店を移転する場合は、「知事免許の免許換…

続きを読む

不動産会社の政令使用人(支店長)を変更する場合

宅建業免許を取得するには、事務所に契約を締結する権限のある「政令使用人」を置かなければなりません。支店は無く、本店だけで営業している場合でも、代表者が常勤できないのであれば、政令使用人を置く必要があります。 もし、免許取…

続きを読む

不動産会社の役員を変更する場合

不動産会社様の役員を変更する場合、会社の登記の変更、宅建業免許の変更届、保証協会への変更届(協会に加入している場合)といった複数の手続きを行わなければなりません。 普段の業務に忙しい中で、これらの手続きを行うことは大変な…

続きを読む

不動産会社の代表取締役を変更する場合

不動産会社様の代表取締役を変更する場合、どのような手続きが必要かご存知でしょうか?手続きとしては、会社の登記の変更、宅建業免許の変更届、保証協会への変更届(協会に加入している場合)といった複数の手続きが必要になります。 …

続きを読む

専任の宅地建物取引士を変更する場合

宅建業を営んでいると、専任の宅地建物取引士の就任・退任・変更の手続きは避けて通れません。手続きの中でも割と頻度が多いのですが、宅建業者の手続きだけではなく、宅地建物取引士個人で行う手続きもありますので、以外に面倒な手続き…

続きを読む

宅建業免許の有効期間と更新手続き

宅建業免許は運転免許のように定期的に更新する必要のある免許です。「更新」手続きに必要な書類等は”新規申請”とほぼ同じですので、思いのほか手間がかかります。ギリギリになって慌てることのないように、更新申請の書類を作成する前…

続きを読む

許可申請に関するご相談はお電話・メールにて承っております。また、直接のご相談や出張相談をご希望の方も、フォームからご予約が可能です。

  • お問い合わせは24時間承っておりますが、返信に2営業日ほど頂く場合がございます。「近日中に許可が必要になった」などお急ぎの方は、可能ならお電話にてお問合せください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

直接の相談をご希望の方は日時をご選択ください

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

出張相談の場合は相談先(住所や喫茶店名など)

※先約が入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

 

ページトップへ戻る